事前に管理状況や住人がわかる ―リノベートマンションを選ぶ理由―

管理組合の存在は、マンションではとても重要です。
しっかりした管理組合か、そうでない管理組合かは、マンション自体の保全や住環境に大きくかかわってきます。

修理・修繕、住戸内外の管理といったマンションの管理を行うのは、入居者で結成される管理組合です。修理などについては、管理組合内で話し合い、業者に依頼してやってもらいます。管理組合がしっかりしていれば、マンションの保全がなされているともいえます。

ところが、新築マンションの場合は、みんな最初に入居する人たちばかりで、管理組合は最初から作ることになりますので、管理組合として動き出すまでにとても労力を使います。結成した管理組合が果たしてよい管理組合になるか、そうではない管理組合になるかは、入居者の努力次第です。

その点、中古マンションであれば、すでに管理組合はできており、しくみもできあがっています。しっかりしている管理組合かどうか確かめることができますし、よい管理組合であれば、安心して入居できます。

また、新築マンションでは、どんな人たちが契約し、同じ屋根の下に住むことになるか、知ることはできません。いざ入居したら、お隣さんが気難しい人だった…ということもあります。中古マンションなら、隣の人や上下階に住んでいる人のことは、管理組合に聞けば最初に知ることができます。

もちろん、プライバシーに関わることまで聞くわけにはいきませんが、どんな人なのかくらいは教えてくれるはずです。同じ屋根の下に住む人たちがどんな人かわからずに購入するのは、ちょっと不安ではありませんか?

 

≪前へ | 一覧へ戻る | 次へ≫

会員限定物件画像 無料会員登録
初心者の方はこちら
 
物件検索

住所から絞込む
路線から絞込む
他の条件から絞込む
お客様の声